つわりがない、軽い

つわりがない、軽いと不安なあなたに確認して欲しいこと

妊娠したのにつわりがない、つわりが軽いと不安になりますよね
大体、妊娠5週から6週に吐きつわりの症状が出る人がほとんどで
つわりのピークは、妊娠7~10週だという妊婦さんが多いようです。ちょうど妊娠2ヶ月の終わり~3ヶ月ということになります。
ただし、ほとんどと言っても妊婦さんの80%です。
不妊治療中に穴が開くほど見た不妊治療サプリ人気ランキング
紹介されていたサプリを飲んでいたのが原因だったのかとか不安になる事も多いと思います
不妊からの妊娠では、まわりの妊婦さんとの少しの違いでもビクビクしてしまいます

 

つわりがないからと言って、不安になる必要はまったくありません
つわりが無いとひょっとして、流産?死産?お腹の赤ちゃん元気ないのかな?と色々と不安や心配になると思います

 

まずは、つわりの原因について正しく理解しましょう

 

つわりの原因

代表的なつわりの3つの原因について

ホルモンの変化
アレルギー反応
自律神経失調

 

ホルモンの変化

黄体ホルモンや絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が大量に分泌されるため、ホルモンバランスの変化でつわりが起きる。
妊娠検査薬のチェックは、このhCGホルモンの量に反応しますので、妊娠すると多く分泌されます

 

アレルギー反応

胎盤が未成熟なので、母体が赤ちゃんを異物だと判断して拒絶するアレルギー反応でつわりが起きる

 

自律神経失調症

妊娠したことで体に様々な変化が起きた事で自律神経のバランスが崩れることで自律神経失調症となりつわりが起きる

 

以上が代表的なつわりの3つの原因ですが、実際のところは科学的につわりの原因は解明されていないのが現状です。

 

つわりがない、軽いあなたに気をつけて欲しいこと

つわりがまったくなかったり、軽い場合には自分が本当に妊娠しているのかな?
まわりの人にも本当に妊娠しているの?なんて言われて
普段どおりの生活をしてしまいがちですが、お腹にはちゃんと赤ちゃんが居るということを意識して生活してください。

 

激しい運動

激しい運動は、さすがにやらないと思いますが
重いものを持ったり自転車などの振動が伝わるものも控えましょう

また、マタニティビクスやマタニティスイミングなどの運動は、妊娠16週以降の安定期に入ってから始めるようにしましょう

 

体重管理

つわりがあると、食べても吐いてしまうと栄養がなかなか摂れないのですが、つわりがないあなたは
好きな物を食べられると思いますが、食べ過ぎて妊娠中に体重が増えすぎると難産や妊娠糖尿病、
妊娠高血圧症などの合併症を引き起こすリスクが高まります。
体重増加は約10kgと考えてください。

妊婦に必要な葉酸をサプリで摂る人がいますが、あれはつわりがひどくて食事から摂れない補助的な意味ではなく
妊娠3ヶ月までの初期の人は、全て葉酸サプリで葉酸400μgを摂取するように厚生労働省が推奨しています

つわりがない人も葉酸サプリを飲みましょう

 

アルコール

つわりがないからと言って禁酒をやめてお酒を飲む人は居ないと思いますが
婦さんがお酒を飲むと、胎盤から赤ちゃんに送られてしまい、赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になってしまいます。

飲酒による影響は特に妊娠初期に起こりやすく赤ちゃんの脳の発育が遅れたり、体や知能に障害がある胎児性アルコール症候群の子が生まれる可能性があります

 

タバコ

アルコール同様につわりがないからと言って禁煙をやめてタバコを吸うは居ないと思いますが
タバコを吸うとニコチンが血管が収縮させ、血液の流れが悪くなり、子宮の収縮が起こりやすくなって胎盤の機能が低下により流産や早産の可能性が高まります。

タバコの副流煙ももちろんダメですので、旦那さんの喫煙にも注意ですし街中でもタバコの煙には気をつけましょう

切迫早産になり私が特に注意していた事

切迫早産になり私が特に注意していた事は、絶対体を冷やさないことです。暑い夏でも必ず靴下を履き、足首を触ってみて冷えているときはレッグウォーマーも付けました。

 

 

当然、裸足でサンダルなど考えられません。冬には腰にカイロ、足先にもカイロを付けていました。
夏に冷たいジュースが飲みたくても我慢して常温のものや暖かいものを飲むことを心がけていました。私は妊娠中、切迫流産、切迫早産で悩みました。
特に第一子は妊娠中、同居していたため気を張っていたことも多かったのだと思います。あの頃を振り返ってみると同居していた夫の親に気兼ねし過ぎていたのだと思います。旦那の両親はもちろん年配者でしたが、もっと心を許して、買い物など協力してもらったら良かったのかもしれません。

 

二人目は切迫早産で帝王切開、子どもを一日で亡くしてしまった哀しさは今も消えません。夫のご両親と同居される方には遠慮ばかりしないようにして頂きたいです。
笑顔で赤ちゃんを迎えるために積極的に協力を仰ぎましょう。出産までは妊娠前と自分の体とは違うということを意識する必要があります。

 

 

 

まだ妊娠始めはお腹も小さく、妊娠する前と同じ感覚で動いてしまいがちです。ですが、この時期は胎児の身体の基礎となる大切な部分が出来上がる重要な時期ですから、たとえ体調が良くても、無理はしないようにしましょう。

 

ゆっくりゆったりと構えるようにして、少しでも体に変化があるときは休めることが大事です。
妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、体力的に厳しい仕事だったため、退職しました。

 

仕事を辞める人も中にはいると思いますが、重労働、体の負担にならなければ辞めなくてもいいと思います。妊娠中は葉酸が取れるサプリメントを摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。さらに血中の鉄分が不足しがちだったので、処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を食べるよう意識していました。松坂牛通販ギフト
妊娠している間は甘味を口にしたくなります。実際、妊娠前は欲しいと感じなかったケーキやシュークリームが毎日でも食べたくなりました。

 

ただ、体重もちゃんと管理する必要があります。きちんと運動したときだけ食べるようにしていました。

 

体重管理、そして安産のために毎日目標一万歩を守って歩いていました。
ただ運動し過ぎも早産等の可能性があるため無理は禁物です。妊娠中は、とても疲れやすくなっています。日常の家事仕事でも大変な労働力を要するようになり息を切らしてしまうこともあります。決して無理はしないで、定期的に休憩を挟むようにしましょう。

 

さらに気に留めておいて欲しいのは、妊娠中は脳貧血を非常に起こしやすい状態だということです。

 

 

立ち上がるなど、妊娠前は意識すらしなかった日常の動作でも、目の前が真っ暗になったりします。
妊娠するとママの血液が赤ちゃんのいるお腹を中心に回るようになるため、妊娠中は誰にでも起きやすいものです。意図的に動作をのんびりゆっくりと行い、もしも脳貧血を起こしてしまった時は無理に立とうとせず、その場で楽な姿勢をとるようにしましょう。妊娠初期のつわりの症状は人により違うそうですが私の場合は食べづわりになり、常に食べていないと気分が悪くなっていました。脂っこいもの、甘いものは目にするだけで吐き気がしました。

 

 

食べられるのは、うまい棒とトマト、ホットケーキのみ。その他の物を食べると気持ち悪くなり、戻してしまうこともしばしば。
こんな状態で必要な栄養が摂取できているか不安でしたが、妊娠初期はあまり栄養が必要ではないので食べたいと思うものを食べるのでよいということ。

 

早く解放されないかな…と辛さに堪えながらいつも願っていました。

 

妊娠、それはやはり奇跡と言えるんだと感じました。

 

 

 

今二人の子供がいます。幸い二人とも妊娠を望んだら間もなく授かり、自然妊娠でした。

 

 

 

これは、決して当たり前ではないと思っています。

 

 

妊娠から出産を迎えるまで、人それぞれですが、私もつわりに苦しめられ、また生まれ持っての体質だと言われていましたが、お腹の赤ちゃんが標準より小さく、自宅で大人しくしておかねばならず、日々不安でした。

 

 

 

妊娠したから良かったではなく、出産する日まで、油断はできないと思っています。
妊娠がわかったら病院へ行き、本当に妊娠しているのか確認をしましょう。

 

現在市販されている検査薬は精度が良いので、陽性反応が出ればほぼ妊娠はしているでしょう。ただ、妊娠検査薬が首尾よく陽性だとしても異常妊娠といわれる妊娠を継続できないケースもあります。

 

 

そのため、陽性反応が出たら必ず病院へ行くようにしましょう。初診のタイミングは生理予定日から1週間過ぎた頃をめどに受診すると良いでしょう。

 

 

それよりも早く受診した場合、胎嚢を確認することができず、また次週病院へ行くことになります。

 

大好きな人との赤ちゃんってすごく嬉しいですよね。

 

妊娠が発覚したときは即旦那に伝えましたしかしこの後すぐにおそってきたつわりが大変つらいものでした…。

 

 

 

私の場合、気持ち悪くて目覚め、トイレで嘔吐し軽く朝食を摂ると吐き気がぶり返し、昼間はそのままベッドの上で過ごしました。夕方は主人の晩御飯を、何度も吐きながら調理し、なんとか作り上げていました。

 

 

ただ、さすがにピーク時にはそれもできませんでしたが…。けどいつまでも続くものではないので、産まれてくる赤ちゃんのことを考えつつ、頑張りましょう。
メルシアン