妊娠すると太りやすい傾向にある

妊娠すると太りやすい傾向にある

妊娠するまではスリムだった人でも妊娠すると太りやすい傾向にあるため、程々に体を動かすことが大切です。体調と相談しながら、無理なく歩く機会を設けましょう。

 

スポーツクラブなどでマタニティビクスを楽しむのもお勧めです。

 

しかし運動は必要ですが、無理な運動を行ってはいけません。「ちょっと疲れが抜けにくい」や「体調が中々良くならないな」といつもと違う感じがしたら、しばらくは運動を中止して体を休ませましょう。体に負荷がかからない程度の軽めの運動がおすすめです。

 

 

 

妊娠中は体重管理はとても厄介です。
食欲が落ちていく悪祖の人もいれば、逆に妙に食欲が出てしまう悪祖の人もいます。
予期せず体重の増加が早くなってしまったとき、自宅で簡単に出来る対処方があります。お風呂で時間をかけて温まりながら足の指からすべての関節を右に10回と左に10回まわしましょう。
こうする事で滞りがちなリンパの流れが良くなり体重が増えにくくなります。

 

なにがなんでも甘いものが食べたくなってきた時には自作の寒天ゼリーやおからを入れたスイーツをお勧めします。

 

私はもう40歳も間近の高齢出産になったので、助産師さんや先輩ママさんをはじめ、多くの方からアドバイスを頂きました。元々やや太り気味だったので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。それにもかかわらず、空腹だと気持ちが悪くなる、食べづわりだったため、一日中何かを食べていました。体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒にもなり、入院寸前の劣等生妊婦でした。ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果的には優良妊婦だと自負しています。妊娠初期のつわりの症状は人により違うそうですが私はいわゆる食べづわりになり、何か食べていないと気持ち悪くなっていました。
脂っこいもの、甘いものは目にするだけで吐き気がしました。

 

 

 

食べられるのは、うまい棒とトマト、ホットケーキのみ。
それ以外の物は何とか食べても後で吐いてしまうことが多かったです。
こんな状態で栄養は取れているのかと心配になりましたが、妊娠当初は栄養を取らなくてもそこまで問題無いので食べられるものを食べなさいということ。

 

 

早く解放されないかな…と辛さに堪えながらいつも願っていました。
妊婦さんの場合、以前と変わりなく元気だと思っていても体の疲れは溜まりやすいものです。

 

 

私も特にトラブルがなかったためつわりも落ち着いて安定してきた妊娠中期からは旅行へ出かけることも多々ありましたが、普段通りにはいきませんでした。

 

 

休憩もせず歩き続けるとお腹の張りを感じて、ゆっくり休みながらいつもよりのんびり過ごしました。また、旅行に行く旨を医師に話すと慌しい日帰り旅行より宿泊旅行を勧められました。妊娠期間中は無性に甘いものが欲しくなります。

 

 

 

実際、これまで特に欲しいとも思わなかったパフェやアイスクリームが常に欲しくなりました。

 

 

 

ただ体重が増えすぎるのも禁物です。

 

 

きちんと運動したときだけ食べるようにしていました。

 

 

体重維持と安産を実現するために毎日一万歩を目標にして歩いていました。ただ歩きすぎも早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。妊娠初期は見た目に妊婦と分からず、自分から申し出ない限り他人からの手助けは得られません。

 

 

 

体調が悪い時が多い妊娠初期に無理すると、貧血をおこし転倒してしまったり、出血したり、最悪、赤ちゃんが流れてしまうこともあり得ます。
うまく物事が思い通りにいかなくても、自分を責めずに『今は休むとき』と割り切ることが大切です。

 

 

 

妊娠中期になると、初期の体調不良が嘘のように元気になります。周りの助けを有り難く受け止め、感謝の気持ちを忘れず、出来るようになってからやれば良いと思います。妊娠23週で子宮頚無力症との診断を受け、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。
正産期までは3週間程ありますが赤ん坊も2000グラムとちゃんと大きくなってくれてまだ早産のリスクが消えたわけではないですが、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。

 

ネット掲示板等で同様に切迫早産や頸管縫宿術を経験された方のお話で勇気付けられています。

 

 

 

このまま日々穏やかに元気な赤ちゃんを産めるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。切迫早産になり私が特に注意していた事は、とにかく体を冷やさない事です。どんなに暑い夏でも必ず靴下を履き、足首に触れて冷たいと感じるときはレッグウォーマーも着用しました。

 

 

 

もちろん裸足にサンダルなどありえません。
冬には腰にカイロ、足先にもカイロを貼っていました。

 

 

 

夏によく冷えた飲み物が飲みたくても我慢して常温のものや暖かいものを飲むことを心がけていました。
妊娠初期の症状のつわりにより、食べることが難しい人がいると思う。

 

 

しかし栄養を取らなければ、お腹の中の赤ちゃんは育たないので、口にしやすいおじややゼリーなどを食べれればいいと思う。固形物が食べれなくても水分を必ず取ることが大切である。つわりがないから、お腹いっぱい食べれるといい過食はよくない。
妊娠高血圧や妊娠糖尿病に罹患することもある。
栄養バランスをよく考えて食べることが大切であり、また元気な時は適度な運動をすることが妊娠生活に大切なことである。

関連ページ

妊娠中に金属アレルギーになりました
妊娠中に金属アレルギーになりました
妊娠線ができないようにするために
妊娠線ができないようにするために
切迫早産のため注意していたこと
切迫早産のため注意していたこと
少しでも疲れたら安静にするのが1番
少しでも疲れたら安静にするのが1番