妊娠線ができないようにするために

妊娠線ができないようにするために

妊娠線ができないようにするためには過剰に太ることを避けるほかに、妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。
クリームを塗る際には、もう一つ、マッサージをすることも忘れずに。理由はマッサージをして脂肪を柔らかくする事によって妊娠線が出にくくすることが期待できます。
その際、十分な量の予防クリームを手のひら全体に伸ばし、縦横に何度もマッサージしていくのがポイントです。その際、掴めるところだけでいいので掴み揉みもしておきましょう。

 

 

私は40歳近くの割と高齢での出産だったので、病院の先生方や友人のママさんから、いろんなことを教えていただきました。少々太り気味の体形だったので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。

 

 

 

それにもかかわらず、空腹だと気持ちが悪くなる、食べづわりだったため、一日中何かを食べていました。

 

 

すると体重はすぐに20キロ近く増えてしまい、足はむくみますし、妊娠中毒で入院寸前までになってしまった、ダメダメ妊婦でした。ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果としては優秀だったのではないかと思っています。
妊娠中はとにかくストレスを溜めないことが大切です。
ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静になれず危ない行動をしてしまったり、ゆったりと落ち着いた心持で過ごせなくなります。
そうなると、母体に負担がかかり、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
出産は命がけの、人生の一大イベントです。あまり神経質になりすぎるのもよくないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスできる態勢を作っていきましょう。妊娠初期のつわりは人によって異なると言いますが私は食べづわりになってしまい、常に食べていないと気分が悪くなっていました。

 

 

脂身や甘そうなものは気持ちが悪くなり食べられませんでした。

 

 

 

食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ。それ以外の物は何とか食べても後で吐いてしまうことが多かったです。こんな状態で栄養は取れているのかと心配になりましたが、妊娠初期はあまり栄養が必要ではないので食べられるものを食べるのでよいのだと思います。

 

 

早く解放されないかな…と辛さに堪えながらいつも願っていました。初めて妊娠をして嬉しくて仕事をすぐに退職しました。退職してみたものの、暇な毎日を過ごすことになりました。

 

やる事が無く友達などと頻繁にランチに出て出費を増やしてしまい、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。

 

つわりも重くなく普段通りの生活ができたので、仕事も適度にしながら妊娠期間を満喫すればよかったと思います。

 

 

妊娠の仕組みを理解する事で、子供を授かるという事が様々な要因が組み合わさって起きた奇跡だと言えます。

 

妊娠が可能な期間は実は排卵からたった24時間と短いのです。

 

毎月の生理周期を女性は記録しがちですが、妊娠するために大切なのはいつが排卵日か、です。

 

毎月の生理があっても排卵がなければ妊娠することは不可能であるからです。
妊娠をしたいと思ったら、まずは自分の排卵周期を知る事からスタートしてみましょう。妊娠中は、まずストレスを溜めないことを第一にしましょう。
ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静になれず危ない行動をしてしまったり、穏やかな気持ちで過ごせなくなります。そうなると、母体に負担がかかり、更に胎児にも悪影響を与える可能性があります。命がけの人生の一大イベント、それが出産です。

 

過敏になりすぎるのも良くないですが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスした気持ちと身体を整えてきましょう。

 

切迫早産リスクを指摘され入院した場合、絶対安静であることが必須です。24時間点滴をし、食事・シャワー・トイレを除けばベッドから降りれません。

 

この点滴は副作用があるウテメリンという薬で手の震え・動悸・息切れが辛かったです。

 

段々体は慣れてくるのですが…。入院生活中は本当に暇で仕方ないので、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等で時間を過ごしていました。

 

 

妊娠中のママは眠くなることが多く、ついつい昼寝を長く取り過ぎてしまいますが、たっぷりとある時間を使って、手のかかる保存食や漬物などを作ってみましょう。妊娠すると血圧が上がることがあるので、野菜を多くとって予防にするようにしましょう。

 

 

放置したまま忘れていた本を読んだり、水回りの気になる汚れを徹底的に落としたり、普段はやらない掃除や調理で体を動かすと、体重の増加も防ぎ、まさに一石二鳥です。初めての妊娠は、分からないことが多いので、日々不安な気持ちを持つと思います。

 

マタニティーライフを快適に過ごすには、のんびり落ち着いた心であるようにしましょう。ママが不安な気持ちでいるとお腹の赤ちゃんも小さな体で一生懸命に生きようとしている赤ちゃんにもその不安な気持ちが伝わります。妊娠してお腹が大きくなると腰から下の方に痛みが出てきます。出産後にも使える骨盤ベルトなどをお腹が支えられ、痛みが楽になるのでお勧めです。

 

使用すると痛みが和らぐのでお薦めです。

関連ページ

妊娠中に金属アレルギーになりました
妊娠中に金属アレルギーになりました
妊娠すると太りやすい傾向にある
妊娠すると太りやすい傾向にある
切迫早産のため注意していたこと
切迫早産のため注意していたこと
少しでも疲れたら安静にするのが1番
少しでも疲れたら安静にするのが1番