切迫早産のため注意していたこと

切迫早産のため注意していたこと

大好きな人との赤ちゃんってすごく嬉しいですよね。
妊娠がわかった瞬間すぐ旦那に言いましたしかしこの後すぐにおそってきた悪阻はとても辛いものでした…。

 

私は朝起きたらもう気持ちが悪く、トイレで胃液を吐き、軽く朝食を摂るとまた吐き気に襲われました。
日中はそのままずっとベッドの上。夕方は旦那の夕食を、吐き気と闘いながら調理し、ピーク時を除いてはなんとか作り上げていました。
けどいつかは必ず終わるものなので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう。
妊娠するまではスリムだった人でも妊娠すると太りやすい傾向にあるため、適度な運動は体重や健康を管理することに有効です。調子の良い時にウォーキングなど軽い運動をしてみましょう。マタニティビクスなど妊婦向けのエクササイズに参加するのもおすすめです。しかし運動は必要ですが、体に負荷がかかりすぎるような無理な運動はしないで下さい。

 

 

「なんだか疲れを感じる」や「体調がすっきりしない」などと感じるようなら、すぐに運動は中止して横になりましょう。

 

 

 

体に負荷がかからない程度の軽度な運動を行うことがお勧めです。

 

 

 

切迫早産のため注意していたことは、何より体を冷やさない、という事でした。
どんなに暑い夏でも必ず靴下を履き、足首に触れて冷えているときはレッグウォーマーも付けました。

 

 

素足にサンダルなんて以ての外です。冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロを入れていました。夏に冷たいジュースが欲しくなっても冷えていないものや温めた飲み物を飲むようにしていました。

 

 

妊娠したことに気がつかない人は、後悔するかもしれません。

 

 

私もその一人でした。
地域により、産科のある病院が少ない所もあり、妊娠が分かってすぐに予約をいれておかないと、出産まで時間がない状態では、探せなくなってしまう事があります。妊娠の兆候は色々あります。元々生理不順の人は妊娠に気づきづらいです。貧血や微熱といった風邪のような症状が出ることもありますので、妊娠の可能性がある時は、自分で気づくことが重要です。
妊娠中お勧めするのは、マタニティスイミングです。

 

特に妊娠後期はお腹が大きくなり歩くのもきつくなりますので、水中での運動はとても気持ちがいいものです。

 

 

 

もちろん、かかりつけ医師に相談してください。

 

 

浮力で身体が軽くなり動きが楽です。

 

 

 

妊婦さんばかりだから気持ちを共有することもでき、ベビーちゃんを産んでからも次はベビースイミングのクラスでお付き合いがまた広がるでしょう。

 

 

私は妊娠中に金属アレルギーになってしまいました。
妊娠初期に使っていた結婚指輪の近くが痒くなり、少し時間を置いたら肌がただれたようになりました。病院で診てもらったら、皮膚が敏感になって、金属アレルギーに近い状態になっていると伝えられました。
この出来事があってから、指輪つけることをやめました。妊娠期間中だけで、子供が生まれてからは状態は治まり、今はもう金属を身につけても関係なくなりました。

 

 

妊娠期間中は皮膚の感覚が鋭くなるようです。子宮頸管無力症との診断を23週目に受け、妊娠24週でシロッカー手術をし、自宅安静のまま妊娠34週まで来ました。正産期までまだ期間がありますが赤ちゃんも2000グラムになるまで成長してくれて、まだ早産の不安は消えませんが、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。
ネットを見ていると同じく切迫早産やシロッカー手術を経験したお母さんのお話に励まされています。このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、残り少なくなった妊娠生活を満喫したいと思います。妊婦さんは三食しっかり摂るようにしましょう。吐き気のあるつわりでは、食べてもすぐに吐いてしまうかもしれませんが、少しづつでも良いですから、食べましょう。
ところが何故か「どうしても食べたいもの」が、現れることがあります。私の場合は「氷」がそうでした。
いつもガリガリ食べていた気がします。

 

食べたいものを、好きなように食べましょう。

 

お産にも、子育てにも力を付けなければいけません。気持ち悪くて食べる気にならない!と言ってないで、しっかり食べてくださいね。改めて思うに、妊娠とは奇跡に近いんだなと思いました。
私には2人の子供がいるのですがどちらも望んで間もなく授かることができ、かつ自然妊娠でした。

 

これは、決して当たり前ではないと思っています。

 

妊娠から出産までは人によってばらばらですが、私もつわりになり、また体質的なものだと言われていましたが、お腹の赤ちゃんがとても小さく、自宅安静を余儀なくされ、不安な日々を送っていました。妊娠したから万事順調、ではなく、無事に産まれるまで安心はできないかな、と思っています。
妊娠中は非常に太りやすくなります。
先日、旦那と二人きり最後の旅行に行き、久々にハメを外し、ご馳走もたくさん食べてきました。旅行から帰ると、3kgも出発前から増えています。たった2日で3キロも太ったのは生まれて初めてでした。妊娠していないときは、食べ過ぎても次の日に食事制限を行ったらちゃんと体重が戻ったのですが、妊娠期間中は違いました。

 

食べなくても痩せることはないのです。必要な栄養を取りつつ体重を維持するのはかなり大変ですが、可愛い赤ちゃんの為にはここが頑張りどころです。

関連ページ

妊娠中に金属アレルギーになりました
妊娠中に金属アレルギーになりました
妊娠すると太りやすい傾向にある
妊娠すると太りやすい傾向にある
妊娠線ができないようにするために
妊娠線ができないようにするために
少しでも疲れたら安静にするのが1番
少しでも疲れたら安静にするのが1番